NOBLE COFFEE ROASTERS
自家焙煎コーヒーを扱う店。お気軽にお立ち寄りください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ・ドイチャンコーヒー
NCR狩野です。
今日は当店で最近入荷した新銘柄、「タイ・チェンライ・ドイチャンコーヒー」のご紹介を。

原産国は名のとおりタイです。
チェンライはタイ最北の地で、観光地としても人気があるそうです。また、チェンライは、かつてタイ北部を統治したランナー王朝の最初の都があった場所だとか。

当店でのベストなローストポイント(煎り具合)は、中深煎り。
アジア太平洋産のコーヒーには珍しい「酸味」を感じられるのがポイント。重めの飲み口のあとに感じる控えめで、しかし個性的な酸味と、独特の風味はアジアンコーヒーの違う一面を垣間見ることができます。

とは言え、酸味は弱めのバランス型。
さっぱり感の強いアフリカ系の豆が苦手な方やマンデリンやインドといった苦目でヘビィーな豆が好きな方、どちらにもオススメできるバランスの良いコーヒーです。

スポンサーサイト


コメント

へぇー、それは変り種ですね。
実は私、マレーシアに赴任してたんですが、マレーシアとシンガポールには、また独特なコーヒーがあります。ローカルではkopiと言うんですけどね。やや細かく挽いた豆には、かすかに砂糖と油分が含まれてます。
ドリップしたあとは、真っ黒ですが、味は意外にさっぱりしてます。
それを思い出しました。
次に行ったら、そのタイの豆試してみたいですね。
[2013/10/08 23:26] URL | Anthony #- [ 編集 ]


コメントありがとうございます。

マレーシアでコーヒーといえば、練乳とマーガリンを少量加えてから焙煎するホワイトコーヒーが有名ですね。僕はインスタントタイプのものしか飲んだことがありませんが、それでも独特の風味がしたのを覚えています。シンガポールのkopiにも練乳が入っているし、練乳+コーヒーはその近隣諸国ではポピュラーな組み合わせなんですね。

タイ・ドイチャンは、中々に個性的な香りと、一方で感じるバランスのとれた味わいのギャップがクセになるかもしれません。

ご来店の際には、是非お試しを。
[2013/10/10 00:34] URL | NCR狩野 #- [ 編集 ]


今日、このコーヒーいただきました。
もっと、ベトナムとかシンガポールとかで飲むような、ローカルな香りがするかと思いきや、苦味も酸味も強すぎずおいしかったです。また、個性的な豆仕入れてくださいね。
[2013/10/20 23:11] URL | Anthony #- [ 編集 ]

ありがとうございます!
気に入って頂けて良かったです。
少し風味は個性的ですが、意外にバランスの良いコーヒーなんです。
ミルクなどにも相性はよいですね。

毎月一種類以上は変わりダネを仕入れていこうと考えているので、是非お試しください!
[2013/10/21 01:21] URL | NCR狩野 #- [ 編集 ]


またまた、マレーシア時代の話ですみません。現地の日本人向けに、南国新聞という媒体があり、当時は毎週楽しみにしてました。今でも時折、電子版を読むんですが、たまたま10/25号にタイのドイチャンコーヒーが出てました。
http://www.nangoku.com.my/20131025-1214/
7面に出てます。お時間のある時にでも。
[2013/10/28 23:46] URL | Anthony #- [ 編集 ]

ありがとうございます。
まさに偶然タイムリーな話題!
ありがとうございます!
[2013/10/29 03:01] URL | NCR狩野 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://noblecoffee.blog.fc2.com/tb.php/24-0cb3d567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。